IVY LAB

前衛的なビートを提供し続けるSabre, Stray,HalogenixからなるUKのビート・マエストロ”IVY LAB”
Critical Recordingsや、自身のレーベル20/20 LDNからベース・ミュージックにプラスアルファのエッセンスを加えた鮮烈なトラックを次々とリリース。ニュースクールD’N’Bが進化しブレイクビーツ進化系とも言えるニューサウンドで新風を吹かせるノース・ロンドンのトリオ。
十数年に渡り個々に活動しており、Goldieのエンジニアリング、リミックスワーク、マーキューリー賞にノミネートされたKate Tempestのリミックスワーク、映画 “American History X” のディレクターTony Kayeのサウンドトラックに至るまで様々な成功を収めている。
2012年、クリスマスにデビューシングル「Oblique」がリリースされドラムンベース・シーンに一石を投じる作品として注目を集めた。Sub Focus (Universal), TC (3beat)そして Anushka (Brownwood) を含むアーティストやレーベルに向けた一連のリミックスに加えて、 “Live on your smile”、 “20 Questions”& “Make it Clear”などソウルフルでメランコリックなサウンドは好評を得た。
制作のほか「20/20 LDN」クラブナイトをローンチさせ、(現在はサウス・ロンドン内のPhonoxで開催。)、 “超革新的”(Timeout Magazine)と “Londonで突出したイベント “(Mixmag)と各媒体からも賞賛を得ることになった。
2016年には、Glastonbury、Sonar、Boomtown、Bass Coast、Lovebox、ExitとOutlookのフェスティバルのメインステージに出演するなどひっきりなしのオファーでその名声を手にいれ、ベースライン音楽の最先端を担うだけでなく、UKで最も先駆的なレーベル、イベント、プロモーターとしての地位を確立している。